カードと漫画を語るブログ

ヴァンガードDシリーズのブログです。

ラストバトルだラグレール

 最強バスティオンが理不尽な運ゲーをしかけられるようになるよ。

 やったぜベイビー!!

 

 

 本日公開されたケテルのRRRを見て欲しい。

 

・卓絶の天衝ラグレール G3 13000

 Vに攻撃した時、CB2、他のリアガードを望む枚数レストさせることで、そのバトル中ドライブチェックを行い+5000、そのバトル終了時、このコストでレストさせたユニットが3枚以下なら手札を3枚選び捨て、レストさせたユニットが1体以下なら、更に2枚選び捨てる。

 

 まさかまさかのリアガードでツインドライブするユニットが出てしまいました。

 そのコストは重く、CB2に加えてリアガードをレスト、もしくは3枚or5枚と折角ツインドライブで得た手札を捨てなければいけません。

 こんなカード重くて使いもんにならねぇよ!! と投げ捨てたくなりますよね。

 

 ところがどっこい、そうならないのがDスタン。

 リアガードをレストするコストですが、なんと任意なのです。

 望む枚数のため0枚を選択することができます。

 おいおい、リアガードをレストしなければ手札を5枚も捨てなきゃいけないんだぞ、デメリットが重すぎるだろ。

 そう思いの貴方、安心してください。

 このターンで勝負を決めてしまえばいいのです。

 ラグレールというカードは防御を捨てて一点突破で勝利を掴みに行くカード。通れば勝ち、通らば負けの、まさにラストバトルをしかける超攻撃的カードなのです。

 

 手札を指定枚数捨てられなかった時のペナルティがなぜかないため、次の相手のターンの守りを考えなければ、ツインドライブで捲った2枚を捨てるだけで済みます。後述するバスティオンの効果処理を考慮すると1枚だけで済みます。なんだこいつって感じですね。

 

 攻撃力が高いDスタンにおいて、決められるなら決めた方がつよいのは事実です。エクスペクターがODで手札を消費するのに対して、こちらはCB2と生存を捨てることで勝利を掴みにいくカードです。パッと見はつかいにくそうですが、バスティオン軸においては十分なパワーがある中で、不利な局面でも運ゲーをしかけにいけるこのカードは採用する価値十分有りだと思います。強化の幅は確かに低いですが、それはバスティオン軸の完成度が高いからであって、十分強化はされていると評価します。他軸もCBが重いのが難点ですが、パワー差が開く中、唯一頼れるトリガーを捲りにいけることからワンチャン狙って採用するべきかなと思います。

 

 

○多分合っているよねラグレール。

 効果処理のテクニック書きます。

 これ大丈夫だよね。

 

 バスティオンのスタンド効果ですが、どのカードのドライブチェックかまで指定されていないので、ラグレールのドライブでも発動条件を満たせます。バトル終了時の効果処理をバスティオンの手札コスト→ラグレールの手札コストの順番で処理することで、ハンド全て失うのは同じでもラグレールをスタンドさせることができます。(効果の処理はターンプレイヤーで順番選べるからできるよね?)

 上記を踏まえると、ラグレールはターン1制限がないので1枚で4ドライブも可能です。なので盤面に2体出す必要性が低いため、バスティオン軸のラグレールは2枚でいいかなといった印象です。環境が速まり、ラグレールの価値が高いようなら4枚に増えるでしょう。

 

 

○まとめ

 ほめましたが、正直言うと攻め得すぎる効果はあまり好きじゃありません。

 使って当たれば勝ち、ダメだったら負けのカードです。

 だからラストバトルと書きました。

 ただでさえ強いバスティオンが、押し込まれた時にCB2払ってトリガーゲーを行えるのは、強化の仕方として疑問符が浮かびます。他2軸でも使えるっちゃ使えますが、フォサドを友好的に使えるバスティオンが一番相性良いので。ラグレールによるヤケクソ攻撃が多用されれば荒れそうなんで、そこがとても心配です。

 

 第三弾環境ですが、殺意が上がったニルヴァーナとバスティオンが激突する感じですかね。ブルースやロロネロルはちょっとスピードについていけない気がします。

 しかしまぁ、バスティオンってわかりやすい順当なRRRが来ないですね。

 第二弾はペルソナライド、第三弾はハンドレス。

 第一弾時点で強くしすぎてしまい迷走している感じがします。

 RRR枠はファンブラに譲っても良かったのではと思ってしまいますね。

 

 いよいよ来週には第三弾発売です。良ゲーになるのか、クソゲーになるのか。前者であって欲しいと願いつつも、後者になってしまう危惧が絶えません。どうなるんでしょう、Dスタン。

 

 以上、それではまた次の記事で。